アクアネオスの衛生管理

許可証

製品水の検査


1.清潔な培養環境を準備するために、まず検査に使うビーカー、シャーレなどを150度の熱で殺菌します。
2.培地をシャーレに用意し、120度で高温殺菌して、無菌状態の培地を準備します。

*培地とは
微生物や生物組織を培養するため、細胞の増殖に必要な栄養素などを提供する土台をいいます。寒天培地などを使用しています。


3.一般細菌検査用と大腸菌検査用の2つの検査用シャーレを用意します。
4.アクアネオス製品水から100mlをサンプルとして取り出しフィルターに通します。
フィルターについた微量の不純物を検査用シャーレにのせます。


5.検査用シャーレを培養器に入れ、48時間培養します。
6.検査用シャーレを取り出し、顕微鏡で検査します。
検査の結果異常がなかった場合のみ、製品として出荷します。

» 「アクアネオスの衛生管理」へ戻る

製品サンプル保管室

出荷したアクアネオス製品水は、製造日から66日間製品サンプル保管室に保存します。
万一出荷した製品に異常が見つかった場合に迅速な対応がとれるようにしています。



» 「アクアネオスの衛生管理」へ戻る
Copyright(c) 2016-2017 KyusyuSekiyuGas Inc. All Rights Reserved.